参加銘柄
千葉県産いもぶた

ゆっくり美味しくなれと願いを込めた、さつまいも育ちの健康豚

主な取扱店

■精肉・加工品 取扱店
旭食肉協同組合 本社直営店
旭食肉協同組合 八日市場店(井上本店)
旭食肉協同組合 都賀店
県内イオン全店
(株)おおたや
セレクション
METRO
道の駅「季楽里あさひ」

特長/ こだわり

「いもぶた」は、その名のとおりいもを食べて育った豚のこと。さつまいもを中心としたデンプン質の多いいも類を配合した飼料で育てています。いも類はカロリーが低いため豚の成長はその分遅くなり、トウモロコシ主体の飼料で育つ豚よりも出荷まで1~2週間長くかかります。その間、いものデンプン質が豚の体内で良質な脂にゆっくりと変わることで、脂身はとろけるように甘く、旨みやコクをとじ込めた赤身はジューシーで柔らか。生産効率が多少下がっても、美味しい豚肉を届けたい。そんな思いで「いも豚」を大切に育てています。

生産者について

生産地:旭市、匝瑳市、銚子市
生産量:年間20,000 頭
5戸の生産者が「いも豚」を生産しています。同じ品種の豚を同じエサで飼育しても、同じ味にならないのが養豚の面白いところ。豚と生産者がいいコンビになってはじめて、美味しい豚肉が生まれるのです。「いも豚」の安定した美味しさは、そんな生産者の愛情豊かな飼育によって支えられています。

企業情報

旭食肉協同組合
〒289-2504 千葉県旭市二の5944
TEL.0479-63-1521 FAX.0479-63-8363
〉旭食肉協同組合HP

千葉県産いもぶた