全国屈指の養豚県、
千葉県が誇る多彩な旨さ

年間約100 万頭を生産・出荷し、全国屈指の豚肉生産量を誇る千葉県。
その千葉県を代表する銘柄豚肉を、「チバザポーク」と称してPR 活動を展開しています。 それぞれの生産者が飼育方法に工夫を凝らして、安心・安全でおいしい豚肉の生産に取り組んでいます。
チバザポークは、きめが細かく柔らかな肉質が身上。
銘柄の個性が際立つ、多彩な旨さが集います。

チバザポークが美味しい理由
養豚に適した温暖な気候

自分でうまく体温を調節できない豚の飼育では、快適な室温に保つ温度管理が重要なポイントの一つになります。そんな養豚に、千葉県の温暖な気候は最適です。四方を海と川に囲まれ、房総半島の東方岸沿いに黒潮が流れていることから、夏は涼しく冬は暖か。一年を通じて寒暖の差が少ない環境が、チバザポークの美味しさを支えています。

やわらかな肉質とこだわりの旨味

豚肉の味は血統や飼料・水、飼育方法などで決まります。チバザポークの銘柄豚は、3 品種の交配からなる三元豚や、幻の豚といわれる中ヨークシャーの純粋種など、選りすぐりの血統が並びます。飼育方法も生産者がそれぞれに工夫を凝らし、豚にストレスを与えないよう兄弟豚同士で育てる、専用の配合飼料を与えるなど、たっぷりの愛情を注いでいます。こうしてお届けするチバザポークは、きめが細かくやわらかな肉質が身上。銘柄の個性が際立つ、多彩な旨さが集います。